【必読】100日間山生活でわかったことを100個まとめました – 友竹商店

【必読】100日間山生活でわかったことを100個まとめました

皆様こんにちは。マックスむらいです。

マックスむらい


2020年夏から静岡県沼津市の山を借りて山生活をはじめました。


厳密には東京との行き来をしているのですが、山生活が始まり100日が経過したということでまとめたいと思います。

※ 山奮闘記は動画で夏から更新しています。ぜひ見てください!!

山奮闘記 - YouTube


コロナ禍の日本において、リモートワークが叫ばれたり、ワーケーションとか言われたり、実際に移住する人も多数な昨今。そして街を歩けば全員がマスクを当然のようにしていて、ソーシャルディスタンスが叫ばれ続ける。伝統的な文化である忘年会も新年会もないでしょう。みんな出会いはどうしてるんだ?繁華街は悲鳴だ!シャッター街だ!!嘘だろ!?原宿竹下通りの路面店がこんなに空いてるなんてここ20年で見たことねぇぞ!海外の報道に比べれば日本はマシとも言えるかもしれませんが、もう末期だ。

そんな去年は想像もできなかったこの日常の中で、私たちは偶然にも山生活を始めました。別に狙ってないっす。去年の夏から準備していたので偶然です。

田舎暮らしや、農業回帰みたいな、隅っこ暮らしならぬ地方暮らしに憧れる人も多いでしょう。

この記事は必読です。

夏から始まったので夏のことを思い出しながら、季節も徐々に冬に向かっていく感じでまとめます。

では、お待たせいたしました。前置きは以上です。

山生活でわかったこと100個どうぞ。

1,蚊が多い。

2,山の蚊は蚊取り線香を無視する。森林香という強い蚊取り線香を好きになる。

3,夏の暑さは地獄。生きてるだけで絶望的に疲れる。立ってるだけでもぐったりする。

4,汗ってこんなに出るんだ、という驚き。

5,夏に山に入るなら3リットルの水分を持っていけって聞いてたけど、足りない。5リットルは必要。

6,ミネラル入り麦茶が好きになる。

7,でもカロリーを必要以上に欲しがる。

8,ブラックコーヒー派からカフェラテ派に改宗した。理由はカロリーがほしいから。ミルクのカロリーに癒やされる。もう山ではブラックコーヒーよりもカフェラテが正義。

9,カロリーほしくても暑くて食えない。食欲わかない。箸が進まず弁当を手に持ったまま1時間固まる。

10,昼飯食わないヤツは下山しろ。山の上にいる資格がない。

11,長靴を履け。マムシに噛まれるぞ。

12,マムシ関係なくても長靴は便利。一人一足長靴必須。むしろ下界でも長靴履きたい。

13,靴下も分厚いやつを履くようになる。夏でも分厚いやつ一択。

14,長靴の中がびしょびしょに。足が汗を尋常じゃなくかく。ズボンが絶望的に濡れる。一体どこから汗が出ているのか?

15,よって足が臭い(臭くなる)。

16,コンビニの氷を頻繁に買うようになる。

17,でも毎回溶けて水になる。その水を飲む。それがうまい。

18,夏と冬はキャンプはオフシーズン。

19,夏は暑くて寝れない。朝4時ぐらいに少しだけ寝つける。でも15分ぐらいで目が覚める。朝の日差しのせいで。

20,虫の鳴き声がうるさい。

21,どれぐらいうるさいかと言うと、喋っている声が聞こえないぐらい。コロナ前の混んでる居酒屋ぐらい虫がうるさい。

22,暑さとその虫の声のせいで寝れない。虫の鳴き声は耳栓を通り超えて来る。

23,鹿の鳴き声は女性の叫び声に似ている。高音で鳴く鹿「キャーーーーーーーーーーーン」。

24,鹿の鳴き声になれるまでは毎回女性が山で襲われているのかと思って心配になった。

25,夏場の日陰は神。

26,全員、日陰に集まる。日陰から出れない。

27,蚊に刺されやすいヤツって絶対いる。よくわからないけど、私が刺されてないときにみっくすは顔10箇所刺されてた。なんなら服の上からも足とか刺されてた。

28,足の裏を拭くと蚊に刺されなくなると聞いて拭いたみっくすがその直後に蚊にさされてた。

29,どこでもベープ未来、という商品は神(体に身につけることができる蚊取り線香みたいな商品)。結局夏終盤は全員買った。

30,山の上で飲む酒はうまい。

31,夜、気温が落ち着いてきてからのバーベキューは最高。

32,安物の肉が、銀座とかの1万のステーキよりもうまい。

33,セブンイレブンの冷凍チャーハンを焚き火で炒めると天国のような旨さ。

34,セブンイレブンの100円とかで買える冷凍シーフードは万能。

35,焚き火料理で一番うまいのはもしかしたらシャウエッセンを焚き火で炙ったヤツ。

36,アルトバイエルンよりもシャウエッセン派が圧倒的(山調べ)。

37,はじめましての人がいるとマシュマロ焚き火で焼きがち。

38,私レベルになるとマシュマロはno need。シャウエッセンよこせ。

39,冷たい飲み物は贅沢品。

40,朝、テントから這い出して食べる朝食はとてもうまい。暑くなければ。

41,食欲なくても塩分取ってりゃ死なねぇってことで塩ラムネ毎回買う。

42,山は歩いているだけで筋トレ。デコボコな大地をバランス取って歩くだけで体幹トレーニング。宅トレの100倍効果あると思う。

43,雨が降ると何もできない。農家さんも雨の日は休日。

44,農家さんは早起き。夏は4時起き。昼間の暑い時間は休憩。夕方から日没まで働く。

45,IT系の我々からすると朝は10時から。まさにその10時から16時ぐらいまでが地獄。

46,でも早起きできない。みんな夜型だから。

47,暗いと作業はできない。作業どころか何もできない。

48,LEDライトやLEDランタンなどがとても大切になる。ルーメンの大きさはみんなを照らせる大きさ。明かりの元にみんな集まる。

49,虫も集まる。

50,焚き火などの煙は虫よけに効果がある。焚き火を始めると蚊が減る。

51,でも夏場の蚊は焚き火などもろともしない。結局、森林香を複数焚く。

52,焚き火の煙に燻されるのが嬉しくなる。自ら燻製になりに行く。

53,服が燻製の匂いになる。洗濯しても取れない。

54,星空はガチできれい。あの星空を見るために夜、山の上にいるかもしれない。

55,iPhone11Proのナイトモードでもすばらしい満点の星空が撮影できる。iPhone12になったらもっときれいに撮れるようになった。

56,秋〜冬の星空よりも夏の星空の方が圧倒的にきれい。夏の方が圧倒的に星が多く感じる。天の川があるからかも。

57,イノシシは鼻で穴を掘る。

58,勝手にイノシシを撃ってはいけない。さばいてもいけない。

59,キャンプグッズはいかに小さく収納できるかが命。

60,夜の明かりは白い光よりもオレンジな光の方が心が安定する。なのでLEDライトもオレンジにしがち。

61,山の天気は変わりやすい。

62,ふもとの天気予報と山の天気は全然違う。雨雲レーダーを頻繁に起動するようになる。

63,ヤバい!1時間後に雨が降るぞ!今のうちに(テントやタープを)撤収だ!!

64,で、降らなかったりする。ふざけんな。

65,農道は車ですれ違うほどの幅がないところがほとんど。

66,午前中の早い時間と日没手前の時間は農家さんが農道を軽トラ・軽バンでビュンビュン飛ばしているので、私たちはあまり車で山の上り下りをしない。迷惑がかかるから。

67,地元の方へのお土産は東京のお酒よりも地元のお酒の方が喜ばれる。

68,地元にお金を落としているかどうかが問われている(気がする)。

69,手土産は洋菓子よりも羊羹やせんべい。日持ちするもの。

70,田舎では仲良くなると理由がなくても会う。会いに来る。

71,地元の人「何してる?見に来た」

72,アポという概念や、約束は1時間みたいな概念はあまりない。ずっといる。

73,最近はその感覚が心地よくなってきた。東京はあたたかみが足りない。

74,外でテレカンしてるとパソコンを覗き込んできていろいろと喋りだす。私はイヤホン越しに「村井くん、ちょっとうるさいからマイクオフにして。」って言われる。

75,外でテレカンしてると遠くから「おーい、むらいさーん!」。見ると車を止めて窓開けて車の中から手を振ってくれたりしてる。

76,彼らに特に用はない。だがそれがいい。

77,冬が近づいてくると山の中は日没よりも30分以上早く暗闇になる。

78,風が吹くと寒い。震えるぐらい寒い。

79,よく考えると、寒い時期に外で作業するって人生経験がこれまであまりなかった。寒い環境にずっといるってだけでも過酷なんだぜ、思ってる100倍。

80,野菜を育てるのは意外と難しい。

81,雑草は死ぬほど強い。踏みつけて踏みつけて踏みつけても翌週バッチリ立ってる。

82,草むしりは肉体労働。

83,夏場は草をむしっても翌週元通りになってる。

84,根だけでも残ってれば、翌週草が生えてる。種はどこからか飛んでくる。

85,忘れてたけど、軽バンと軽トラは神。

86,車高の高い車も最高。車高低いと腹をガンガン擦って精神衛生上よくない。

87,山での椅子の重要さ。椅子って人類の偉大な発明。

88,秋になっても蚊はまだいる。

89,竹林のそばは蚊が多いらしい。倒れた竹の節の部分に雨水が溜まってボウフラが湧くため。

90,寝袋も重要だけど、それ以上に下に敷くふかふかなマットの方が重要。

91,夏用の寝袋や、冬用の寝袋があるという事実。寝袋にも分類がある。

92,ダッチオーブンは神。なんでもぶち込んで焚き火の上に置いておけば美味しい料理ができる。

93,油と塩と胡椒は常備しておけ。

94,割り箸は食べ終わったら焚き火で燃やす。

95,一人用のテントは思っているより10倍狭い。

96,テントで寝るとき一番重要なのは地面の水平さ。斜めだと人は寝れない。

97,椅子に座って空を見るのと、地面に寝転んで空を見るのでは100倍感動が違う。寝転がれ。空の広さがダイレクトに来る。

98,キャンプは言っても過酷。付き合いたてのカップルでキャンプに行こうと思うな。

99,ソロキャンから入るのも過酷。キャンプ好きな人は、キャンプの良さを広めたいから接待キャンプしてくれる。最初は接待してもらえ。

100,東京にいると忙しいのにどこか物足りない


100個、気づきを書こうと思ってスタートしたのですが、100個じゃ足りないですね。
書き足りないです。
エンドレスで書ける気がします。

ヤバいエピソード、おもしろエピソード、地元の人との珍エピソード、まだまだまだまだ盛りだくさんです。書ききれません。

今回は山に入って100日。
その1度目のまとめということで、ここで終わりたいと思います。

ほんといろんなこと起こり過ぎで楽しいです。

そんな山からの様々なアウトプットを、友竹商店 では、どんどん発信・販売していきたいと思っています。

ぜひ友竹商店、会員登録をしておいてください。
12月は私の誕生日に始まり、クリスマスなどイベント盛りだくさんなので、いろいろ仕掛けていきます!

山での100日をどんどん形にして、皆様に手にとってもらう形で山の活動に参加してもらえればと思います。

引き続き応援のほど、よろしくお願いします!!!

ぜひ山動画、マックスむらいチャンネルで更新していきますので、チャンネル登録して追いかけてくださいませ!

マックスむらいチャンネルはこちら
マックスむらい - YouTube

山奮闘記はこちら!!
山奮闘記 - YouTube



投稿順 新着順