究極の手むきみかんジュース(720ml入)×2本入【贈り物パッケージ】 – 友竹商店
究極の手むきみかんジュース(720ml入)×2本入【贈り物パッケージ】
友竹商店

究極の手むきみかんジュース(720ml入)×2本入【贈り物パッケージ】

通常価格 ¥4,860 ¥0 単価 あたり
税込

昨年から続く「新型コロナウイルス」。緊急事態宣言、外出自粛、ステイホームと日々の生活が大きく変わりました。

ソーシャルディスタンスを守り、「新しい生活様式」の中で生活していく上で、ギフトの渡し方が、手渡しから郵送へと移り変わりつつあります。

また、そもそも手渡しにジュースの贈りものは向いていません。詰め合わせギフトはかなりの重さになるからです。そのため、手渡しをして相手が持ち帰る必要がある場合、大変な思いをさせてしまいます。

自宅へ訪問することは、新型コロナウイルスの影響でなるべく避けたほうが良いので、郵送で贈るジュースギフトは贈り物に最適と言えます。

「新型コロナウイルス」の影響で自宅で過ごす時間が増えました。感染者は減少傾向にあるものの、不要不急の外出を控える日々はしばらく続きそうです。

自宅で過ごす時に、あったら嬉しいものといえばお菓子やスイーツ、そしてジュースですよね。

お酒やコーヒーはは子供と一緒に楽しめませんが、ジュースであれば子供はもちろん、おじいちゃんやおばあちゃんもみんなで一緒に楽しむことが出来ます。

おうち時間が充実するジュースギフト、喜ばれること間違いなしです。

一般的なみかんジュースの場合、原料となるみかんは、傷物や時期外れのみかん、収穫した翌年になる「隔年みかん」と言われる、市場では販売されないみかんで作られます。

本当に美味しい究極のみかんジュースを目指すのであれば、当然美味しいみかんで作る必要があるのです。
そのために、樹上でギリギリまで完熟させ糖度を高めたみかんを職人の手と目で確認し、状態のいいものを選別します。

そして、みかんジュースの製作工程にもこだわっています。一般的なみかんジュースは皮ごと搾汁をしますが、究極のみかんジュースは1つ1つ手むきしたみかんを使います。
皮を手むきで取り除くことで、苦味が少なくスッキリした後味となるのです。

究極の手むきみかんジュースの原料となるみかんを育てるのは、農事組合法人 丸榮の通称「大将」。

「市場のみかんは収穫時期が決まっていて、まだ黄色い状態でも収穫しなくてはいけない。でもうちは時期を見極めて収穫する。だから”うまい”んだ」と自身を持って断言します。

丸榮のみかんは収穫時期だけでなく、肥料にもこだわっていて、特別に配合した肥料を使っています。

今回みかんジュースの制作にあたり30キロを超えるみかんを食し、大将の作るみかんの”甘み””酸味”のバランスのとれた味に惚れ込み、このみかんを使ってジュースを作ることを決定しました。

大将がみかんを作っている静岡県沼津市西浦久連は、温暖な気候でめったに雪がふらず、みかんの栽培に非常に適しています

みかんの栽培は「太陽光」「温暖な気候」「雨が少ない」の要素が重要ですが、駿河湾に面した西浦は、海からの反射光もあり、甘みと酸味のバランスの取れたおいしいみかんが育つのです。

最高のスペシャリスト大将が、最高の環境で、最高の愛情と情熱を持って作るみかん。このみかんから作るジュースだからこそ自信を持って究極を名乗ることができるのです。

一般的なみかんジュースは皮ごと搾汁をしますが、究極のみかんジュースは1つ1つ手むきしたみかんを使います。

まずはみかんを、人肌ほどの温度の水で洗浄。

洗浄したみかんをすべて手むきしていきます。1日に扱うのはだいたい1チーム7・8名体制で、みかん1500キロ

1500キロのみかんから取れるジュースの本数は、約1000本前後。つまり1本あたり1.5キロのみかんが使われているのです。

搾汁をした100%ストレートのみかん果汁を瓶詰めしていきます。

最後に王冠キャップを、これまた手作業で取り付け、究極の手むきみかんジュースの完成です。

贈答品パッケージは送料無料です。

2本セットで贈答用パッケージにてお送りいたします。

日頃お世話になっている大切な方への贈り物にいかがでしょうか?